生理痛を抱えている女性も多いと思います。
薬を飲むほどではないけど痛みがあるという人や、毎月薬が手放せないという人、また寝込んでしまうくらいひどい人もいて人によってその痛みは様々です。
日常生活にも支障がある生理痛は「月経困難症」と言われています。
このように、痛みがひどい場合や、だんだん痛みがひどくなっていっている、さらに出血の量が多いといった場合は、早めに病院に行って診察をしてもらうことをお勧めします。
中には、子宮内膜症や子宮筋腫などの病気が隠れている場合があるからです。放置しておくと悪化してしまったり将来、不妊症の原因となってしまう可能性もあるのできちんと治療をしておくことをお勧めします。
また、これとは別にストレスや不規則な生活、食生活が悪いということなどから痛みを引き起こすこともあります。睡眠時間を確保したり、バランスの取れた食事を心がけるなど日ごろの生活を見直してみることも大切です。
体の冷えなども原因となることがあるので、夏場でも体を冷やさないなどといった工夫をしておいたほうがいいでしょう。また夜はシャワーだけでなくお風呂に入って体を温めたり、適度な運動をするということも大切です。
いろいろ、薬や漢方薬なども売られていますが、そればかりに頼っていてもよくありません。
毎月のことなので、痛みがひどい場合は本当につらいですよね。少しでも改善するめに原因をきちんと知って、それなりの対処をしておくことが大切です。